いたちめです。

 

妻が「欲しい」と言っていたクリスマスツリーがありまして

今年になって、やっと買えました。

お値段も張るけど、その分オシャレさもハンパない。

 

クリスマスツリーのサイズの決め方

小さい卓上のものから、180センチだとかの大型のものまであります。

どこに、どの程度の期間を飾るのか?

ということと

誰の目線で飾りたいのか?

ということを考えるといいですね。

 

僕の子供はまだ小さいので、妻は夢がある方がいいなぁと大きめサイズを選びました。

また、11月下旬から飾りはじめており、クリスマス当日まで飾る予定です。

 

で、この理由なんですが。

クリスマスツリーは言わずもがな円錐状。

しかし場所の占有は円柱状。

 

例えば。4畳半の一間に180センチのクリスマスツリーを1ヶ月以上飾るなんてのは

苦行だとしか思えません。

 

スポンサーリンク

本物のもみの木を選ぶかイミテーションを選ぶか?

IKEAに行くと、もみの木が販売されています。

http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/seasonal/winter_holidays/

 

生で見ると、スゴイ欲しくなります。

植えるとメチャクチャでかくなるそうなので、ツリースタンドで立てるタイプになってます。

 

余談ですが。

庭があるので植えてみたいのですが、ハウスメーカーさんからは反対されました。

「想像している以上に大きくなって大変ですよ?」

 

本物のもみの木もいいのですが、

薪にして、焚き火に使える!とも考えましたが、後処理が面倒そう。

皆さんはどうしますか?

 

緑色のクリスマスツリーか、白色のクリスマスツリーか?

トイザラスをはじめ、基本的によく見るのが緑色のクリスマスツリー。

僕もこのイメージが強い。

 

そして、通販サイトになると見かけ始めるのが、白色のクリスマスツリー

で、白色になるとLED仕様が多くて子供向けというより恋人向けな気がする。

 

あとは、緑色に雪が降った様なクリスマスツリー

こればかりは好みだと思いますので、お好きなものを。

 

クリスマスツリーの非オシャレにする最大の弱点

クリスマスツリーの最大の弱点は何か?

これは、足元ですね。

構成上、仕方のないものなんでしょうけど、足元がオシャレではないわけです。

 

ツリー自体を支えないとならないからですね。

 

クリスマスツリーでオシャレ無双するならスタジオクリップで決まり

妻が欲しがっていたクリスマスツリーは

studio CLIP(スタジオクリップ)で販売していたもの

http://www.dot-st.com/studioclip/disp/CSfConceptPage.jsp?dispNo=012001094

 

サイズのラインナップも豊富で

40センチ、90センチ、120センチ、150センチ、180センチ。

 

特筆すべきはハーフサイズというもの。

これは、クリスマスツリーが垂直断面で半分になっているという逸品!

壁に接して置けるので、省スペースだけどフルサイズというワガママが可能になります。

 

オーメントや足元隠しもスタジオクリップで全て揃うという。

これは便利で、楽。なにより、オシャレさが違う。

 

とりあえず、開封します。

 

中身はこんな感じで、松ぼっくりはオプションで付いています。

妻が選んだのは雪仕様のクリスマスツリー。

 

枝ごとに色分けされているので組み立ても簡単

あっという間に組みあがります。

 

オーメントは、毎年5,000円分ずつ増やしていこうと思ってます。

育てる楽しみってやつですね。

 

ちゃんと来年も使える様に保管しましょう

クリスマスツリーを使い捨てできるほど経済的な余裕はないので

ちゃんと保管して、来年も使いたいと思います。

 

皆さんも大事に保管して子供が大きくなる頃までに

立派でオシャレなクリスマスツリーに育てませんか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事