アマチュア無線に合格したので無線従事者免許の申請をしてみよう

 

いたちめです。

 

今月12/11に行われたアマチュア無線技能士試験

4級と3級が無事に同時合格したので

合格通知に書いてあった無線従事者免許の申請を行います。

 

 

 

 

アマチュア無線の合格通知と技能士免許について

国家資格によくある、合格と免許は別ってやつで

 

合格したから、ええやんけ!

 

とはなりません。

 

総務省のよくある質問にも書いてあります。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ru/jyujisha/shutoku/shutoku01.html

 

実際に従事する人を管理するよ?

試験として通ったけど欠格事項に該当すれば

免許取り上げて使えなくしちゃうよ?

 

なわけです。

 

法規の復習となりますが

 

アマチュア業務とは、金銭上の利益のためではなく

もっぱら個人的な無線技術の興味によって行う

自己訓練、通信及び技術的研究の業務をいう。

 

という規定と

 

無線従事者は、その業務に従事しているときは

免許証を携帯していなければならない。

 

という規定と

 

無線従事者は、免許の取消しの処分を受けたとき

その処分を受けた日から10日以内にその免許証を

総務大臣または総合通信局長(沖縄総合通信事務所長を含む)に

返納しなければならない

免許証の再交付を受けた後

失った免許所を発見したときも同様とする

 

という規定ですね。

 

スポンサーリンク

申請用紙を購入するかネットでダウンロードするか

試験当日にアナウンスがあったことですが

申請用紙を購入することもできます。

 

たしか200円しない金額だったと思います。

 

専用の用紙とかではないので、ネットでPDFやWordで

様式をダウンロードして印刷する方が安いですね。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/download/radioope/

 

あとは印紙と写真を準備するだけです。

 

紛失、汚損などしないかぎり、免許は更新しないので

その選んだ写真がずっと残ります。

せめてナイスな写真を選びたいですね。

 

ローマ字の非ヘボン式ローマ字氏名とはなんぞや?

申請書を書き始めて、

すこしすると

ひとつのキーワードで手が止まりました。

 

非ヘボン式ローマ字?なにそれ?

 

さっそくググる。

このハンドルネームで説明します。

 

ローマ字にすると

 

いたちめ → ITATIME

 

It a time

「それは時間やで」になっちゃいました。

 

ローマ字そのままだと発音と異なるとか

なんだかんだで変えてもいいよ?

というものらしいです。

 

なので、ブログのアドレスにもなってますが

 

ITACHIME

 

でもOkということです。

 

こうじ → KOUJI(ヘボン式ローマ字)

こうじ → KOHJI(非ヘボン式ローマ字)

 

どちらも正解ですが

非ヘボン式ローマ字だと、

こうじ よりも こーじ って発音が近いですね。

 

アマチュア無線が世界と繋がるという点を

改めて感じますね。

 

印紙税の歴史をひもとくと意外と根が深いぞ?

あと、印紙は1,750円。

印紙といっても印紙税という立派な税金です。

 

ざっくり説明すると

契約書や注文書、注文請書といった書類にかかる税金です。

 

印紙税をめぐって戦争が起こったりもしています。

 

もし、このブログをチビっ子が読んでいたら

宿題のネタにもなるので

ぜひ調べてみてね☆

 

書留にする?普通郵便にする?

免許証が送付されるときは

郵便がメインになると思います。

 

まぁ、受け取りにいける人は受け取りでいいと思います。

 

僕はとりあえず確実に手に入れたいので

書留にします。

といっても、年末も年末なので

年明けに出そうと思います。

 

 

4級と3級、それぞれ申請すべきかどうか

同時合格したのであれば

上位である3級だけでイイと思います。

 

でも、折角だから欲しいじゃないですか。

 

僕は4級と3級の両方を申請します。

 

だいたい申請して1ヶ月ほどかかるそうなので

 

届いたらまたご報告します。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事