いたちめです。

社会保険労務士の勉強を始め、早2ヶ月が過ぎました。

 

初学者の僕がスケジュールの組み立てと調整

そしてどんな勉強をしているか?

 

僕が一発で合格したり

ベテラン受験者になったときのために

後学のため、残しておきたいと思います。

 

 

 

原初の予定表の作成

クレアールのWEB講義の予定表を元に、

カレンダー式の予定表をざっくり作成。

 

中身として、この日からこの日までの間に

「労基法の基本原則」の講義を視聴する。

問題集はここからここまでやる。

 

日毎に書くのは面倒なので

「労基・基本原則」と書いてあとは矢印。

 

遅れてスタートしたので、

進行している講義に追いつくまでが

キツかった。

 

今は追いついたので、

テキストと問題集が届く都度、

WEB講義の公開予定日を参考にして

結構、ゆるゆるな予定を立てています。

 

 

ここでクレアールのWEB講義の予定表が、単元別になっている

という点で、細かい内訳がわからない。

 

これがネックになっており、公開予定日毎に調整が入ります。

 

個人的に一単元が60分~70分で勘案すると

いい感じだと思います。

 

例として、

 

労基法の基本原則の単元は6講義あって合計75分。

 

ですね。

 

スポンサーリンク

合格者のスケジュールの立て方を参考にする

やはり最初に予定を立てるときにすごく悩んで

 

合格者のスケジュール作りを参考にするのがベスト。

 

と辿りついたのですが、

 

「勉強法」や「予定の立て方」「スケジュール管理」などで

検索しても具体的なものが出てこない。

 

仕方ないので

 

AMAZON様で見つけた

ハルの社会保険労務士合格ノートという本を

某ジ●ンク堂博多店に立ち寄ったときに

立ち読み。

 

 

感想として

「あれ?予定表のみ?」

「っと。あった!」

「つーか、もうほとんど、やってることですやん…」

 

もっと具体的な方法、スケジュールの立て方を

教えて欲しかった。

 

予定の遅れを回収できないことを前提にする

僕が務める会社は基本的に土日休みです。

他の受験者の方は休みとなれば

朝から晩まで勉強尽くし。

 

そんな気がしますが

僕は子供と遊んだり、ほぼ趣味に生きています。

 

子供が昼寝で寝静まったら、勉強開始。

一回がだいたい30分から90分。

これが3回くらい。

 

これがいつもの朝晩の勉強に加わるくらいです。

 

必然的に、

遅れの「ツケ」を土日で回収するつもりがなく、

可能な限り平日の勉強時間の枠内で解消を目指します。

 

とここまでであれば完璧超人なんでしょうけど

凡人たる僕は、なかなか遅れを解消できないのが現状です。

 

問題集がねぇ。回転率をあげたいんですが

初見だとテキストに振り返りを要するので

時間がハンパなくかかる。

 

ということで、

ケツ(結)のスケジュールは動かせないので

遅れが出ても平日に解消できる

そんな比較的ゆったり目のスケジュール作成。

 

「(3日で)できらぁ!!」な予定でも

大体4~5日と余裕を持たせています。

 

他の資格試験や問題集を挟むことについて

当初、年金アドバイザーを挟もうと思っていました。

アマチュア無線のときに痛感したのが

同時並行の勉強ができなくなった。

 

ほぼ共通する内容の無線の4級と3級ですら

3級をほぼ放置プレイしているので

共倒れになる可能性がクソ高い。

 

ということで、

基礎項目だろうと応用項目だろうと

今回の社会保険労務士の試験が終わるまでは

他の検定試験はいったん、御預けです。

 

終わり次第、結果が出るまで

また検定試験を受けようかなと思います。

 

また、一般書籍の問題集や過去問。

いいですね。

 

個人的には比較認識法Rというのが、

非常に気になる存在です。

 

間違い探しの要領がすごく楽しそう。

 

ただ、現状。

 

クレアールの問題集を回転させるだけでも、キツイ。

 

もし、買ってしまうと

解かないとならないのに、時間がない。

 

宅地建物取引士の一問一答みたいに

というストレスを間違いなく抱えるハメになりそう。

 

すくなくともクレアールの問題集を

5月までに3回転以上こなして

余裕があれば買ってみたいなと思います。

 

やっていて大事だと思うことが

「基礎」と「法令の解釈」

この2点に尽きます。

 

このブログが10か月後の僕が見て

 

「こいつアホやん。もっと勉強せぇや!」

 

となるか

 

「これでよかったんや!」

 

となるか。

 

勝負ですね☆

スポンサーリンク
おすすめの記事