いたちめです。

少し前の話ですが

妻から頼まれた洋菓子屋さんの焼き菓子です。

 

 

Henri Charpentier(アンリ・シャルパンティエ )という洋菓子屋さん

妻から口頭で聞いたとき、

 

え?なんだって?

 

難聴系ラノベ主人公みたいなセリフが出ました。

http://www.henri-charpentier.com/

 

昔、実家から家出して神戸に居た事がありまして

田舎者の僕から見ると

スカしてるけど小綺麗な町並み

ってな記憶が、ほんのり残っています。

 

そんな兵庫県の芦屋で産まれたアンリ・シャルパンティエ。

Hを発音しない感じでフランスの人名ですかね?

 

スポンサーリンク

フィナンシェを選ばないんだよ。敢えてね。

妻が僕に頼んだのは、

このアンリ・シャルパンティエといえばフィナンシェというくらいの

フィナンシェではなく、焼き菓子。

クッキーの詰め合わせ。

 

プティ・タ・プティ

フランス語表記だと Petit a petit

かな?

http://www.henri-charpentier.com/products/bakedcake/1645/

 

サイズはMサイズを購入しました。

4列×4列の16個

エッフェル塔の形したピックが付いてます。

 

 

歓談のお供に味わって食べたい焼き菓子、プティ・タ・プティ

フレーズ

フロマージュ

スベキュロス

プラリネ

サブレ・バニーユ

ショコラ・ブラン

ガレット・ブルトンヌ

フランボワーズ

ショコラ・ノワール

の9種類の味がちゃんと味わえるのですが

 

個人的には

フランボワーズ、スベキュロスの2種類が好み。

子供が寝静まった後、妻と二人で食べたのですが

一気に食べるなんてとんでもない!

 

子供がもう少し大きくなったら、

一緒に食べるのもいいかもしれないけど

歓談しながら、のんびり摘まんで食べる感じ。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事