「モーターサイクルメモリーズ」の感想とか

 

いたちめです。

 

久しぶりに漫画を買いました。

せきはん(大森しんや)著のモーターサイクルメモリーズ

 

バイクが出てくる漫画を教えろ下さい。

まだ僕がドラッグスタークラシック400に乗っていた頃

2chのバイク板のスレで見つけたのが「恋ヶ窪★ワークス」

 

確か、バイクが出てくる漫画を教えろ的なスレだったと思う。

すでに絶版で、ブックオフとかを探し回っていたのですが見つからず

アマゾンで購入した記憶があります。

「恋ヶ窪★ワークス」についてはまた別の機会に譲ります。

 

で、この恋ヶ窪★ワークスで大森しんや氏を知りました。

 

スポンサーリンク

某映画とよく似たタイトルだけど、まぁ中身は違うよね

某映画とは、「モーターサイクル・ダイヤリーズ」

チェ・ゲバラの若き日の南米旅行記。

2004年に日本公開になった映画ですね。

 

淡々とした映画で、非常にタイクツ途中で寝てしまいました・・・

 

さて、こちらのモーターサイクルメモリーズ

短編集となっており、途中、連載になっている話もあります。

 

個人的には、巻頭カラーのモーターサイクルメモリーズと

前編・後編の「少年少女」が好きな話しになります。

 

モーターサイクルメモリーズ

九州一周のキャンプツーリングした際に感じた

きっと普段から目にしているけど、さほど気が付かなくなっているもの

例えば「天気」だったり「空気感」だったり「景色」だったり。

それを改めて感じる、瞬間がよく分かる作品になっています。

 

少年少女

敷かれたレールの上を走りたくないと思ってしまう思春期特有の感覚と

ボーイミーツガールが混ざった作品。

ライトのベルにはなるけど「旅に出よう滅び行く世界の果てまで」を読んだときに感じた

ワクワクした感じ。

 

この2作品を読めただけでも、700円の価値はあったのかな?と思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事