第5回産業廃棄物適正管理能力検定の受験をした感想

 

いたちめです。

産業廃棄物適正管理能力検定試験を受験してきました。

試験の感想と勉強の内容について後学の為に残しておきます。

 

産業廃棄物適正管理能力検定って?

一般社団法人企業環境リスク解決機構(CERSI:セルシ)が主催の検定試験で

前回の記事にも記載していますが

「産業廃棄物の処理に関する知識の確認」の意味合いが強いと思っています。

http://itachime.com/2017/11/post-2748/

 

スポンサーリンク

産業廃棄物適正管理能力検定試験の内容

試験の時間は2時間で、大問が8で小問が15〜16で、合計60〜70問になります。

途中退室は、試験開始後40分から試験終了5分前までになります。

試験問題は、危険物や衛生管理者試験みたいに、試験の終了後に回収されます。

合格点は70/100で固定

 

実際に試験を受験した感想

会場に到着したときのこと

会場は13時から入場可能だったのですが、僕の到着が12時30分頃。

すでにセミナーの参加者の方が沢山いました。

早いなぁと思うと共に、真剣にテキストを読み込んでいるのですが

座るところがなく、入場可能になるまでうろうろしたり

裏口みたいなところでテキストを読んでいました。

 

試験会場内のこと

結構な頻度で携帯電話のマナーモードが鳴り響く音だったり、実際に音が鳴ったり。

民間の検定試験ではありますが、電源を切らない試験というのは

ある意味でカルチャーショックでした。

 

試験の問題用紙のこと

問題用紙にページ数の記載がないので、問題を追わないと落丁の確認にならない。

せめてページくらいはつけて欲しいなと思いました。

 

試験の内容

ほとんど公式テキストに書かれている内容です。

丸暗記までいかなくても、ある程度覚えていれば及第点はいけると思っています。

 

この試験は自己採点ができないので何とも言えませんが、

ガチでやりこむレベルまでには至らないと思います。

公式テキストの細かい数字だったり年号だったりよりも、具体例について問われる試験です。

 

記述式の対策

記述式については、減点方式ではないので

「あれ?これは何か引っかかるなぁ」

という点を問題点とその対策として書けばいいかと思います。

 

勉強時間

僕の場合はセミナー参加+検定試験のセットで申し込みしていたので

セミナー参加で4時間。

試験会場へ向かう時間と、試験会場で開始までの時間の合計で2時間。

予定よりも2時間少ない、 合計6時間

 

ハッキリ言って舐めてるといわれても仕方の無いレベルです。

 

試験の合格発表は、合否に関わらず一ヶ月後。

らしいので、結果が出たら更新したいと思います。

 

余談

久しぶりに博多へ来たのですが、博多駅がとんでもないことになっていました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事