第42回ビジネス実務法務検定試験3級を受験した感想と解答速報

 

いたちめです。

 

本日、東京商工会議所主催の

第42回ビジネス実務法務検定試験の3級を受験してきました。

受験された方、お疲れ様でした。

 

ビジネス実務法務検定試験とは・・・

東京商工会議所が主催している検定試験で

同ホームページでは

自分を守る、仕事の法律入門
それがビジネス実務法務検定試験です!

ってことを謳っています。

 

内容としてはざっくりですが、

・法体系

・取引主体

・法人取引

・財産管理

・債権管理・債権回収

・企業活動に係る規制

・従業員との関係

・家族法

なんてところが問われています。

 

スポンサーリンク

試験の概要

試験時間:2時間

途中退室:試験開始後30分から終了前5分まで可能。ただし、退室後の再入場はできない。

合格点:70/100点

 

試験は、集合時間から試験と注意事項の説明を行った後、

おおよそ15分経った辺りから開始されます。

 

ビジネス実務法務検定試験3級の難易度

東京商工会議所得意の年度単位の合格率になりますが

2017年度全体では

受験者数  10,848名

実受験者数 9,303名

合格者数  5,519名

合格率       59.3%

 

2016年度全体では

受験者数      24,260名

実受験者数   20,774名

合格者数     14,109名

合格率      67.9%

 

大体60~70%台の合格率みたいですね。

 

TACで公開されている解答速報で、早速自己採点する

流石にTACは早いですね。

http://www.tac-school.co.jp/kouza_busi/sokuhou.html

 

僕は84点でした。

大きく点数を削ったのは第3問で

契約に関するもの、著作権、独禁法でマイナス6点でした。

 

TACの解答速報が頓珍漢だったなんてことがない限りは、

マークシートのエラーや塗りミスが無ければ一応合格圏内に入ります。

 

 

合格(推定)に必要な勉強時間と、勉強方法

僕が勉強を始めたのがブログを公開した翌日の10月23日

http://itachime.com/2017/10/post-2726/

 

なので、暦日数として49日。

会社の昼休憩のときに問題集を解いていたので、実質35日程度。

時間にして長くて30分なので、累計17.5時間。

 

結構、やった割りには点数が低いと思われる・・・

 

 

ビジネス実務法務検定3級を独学する人にオススメしたいテキスト

購入したテキストは結局一冊で

ごうかく!ビジネス実務法務検定試験3級攻略問題集

他にも一問一答エクスプレスの購入も考えていましたが、特に不便もなかったので買わず終い。

一応、全部解いて、解説を読んで。

 

解説が問題文そのままのものもあるので、なんだかなぁ・・・な点も。

意味の分からないものはネットで検索して調べて小書きして。

2週ほどまわして、あとは苦手なところのみをもう1週。

試験前は、まとめみたいなところをパラパラめくりながら読む程度。

 

 

受験者を見渡すと、意外に若い方が多かったので就職活動に使うのかなぁ?と。

あと、冬の試験はしっかり着込まないと寒い。

サンダルだったので寒さに負けて、見直しもほどほどに途中退室。

 

トイレに駆け込みました(笑)

 

合格してます様にと祈るばかりです。

スポンサーリンク
おすすめの記事