このままじゃいけない!ってアラサーが思う焦燥感の正体

いたちめです。

 

結婚したり、子供が産まれたり。

おおよそ人生の転換期になりえるアラサー、30代。

このままじゃいけないと思う焦燥感の正体って知っていますか?

 

何かはじめなきゃ!っていうものの根っこの部分

「何かやらなきゃ」って強迫観念みたいな焦りって感じたことは

ありませんか?

「このままでいいのかな?」って思ったことは?

 

きっと誰しも「何かやらなきゃ」「はじめなきゃ」「変わらなきゃ」みたいな

ものをもっているんですよ。

でも、動けない。

動きたいけど、動けないんですよ。

 

主に時間的な制約が大きくて。

 

中堅のポジションについて、部下もできて忙しい毎日。

休みの日くらいはゆっくりしたいなぁなんて思いながら

気が付いたら日曜日の夜。

「また明日から仕事かぁ」なんて感じたことは?

 

僕は思いました。

 

忙しいけど淡々と過ぎていく毎日。

このままでいいのか?いや、よくない(反語)

と僕は資格の勉強をはじめたり、筋トレをはじめました。

 

その反面、腱鞘炎になってみたり、内臓を壊して

資格の勉強を中断したり、筋トレをやめざるをえなくなって。

空っぽになりそうになりながら、何ができるかを考える毎日。

 

何のために生きてるの?

 

スポンサーリンク

資格取得という甘美なご褒美であり罠

僕は当初、転職に有利になればという思いと

安い金額で長く使えるので資格の勉強はいいなと思って始めました。

 

始めた人はわかると思うのですが

意外にストレスがかかるんですよ。

 

試験のドキドキ感や合否のハラハラ感といったものの前に

毎日、勉強を続けてたところで

落ちてしまえば無為に時間が流れてしまい

資格は何も増えていないという結果を知るわけです。

 

僕はそれを社労士で思い知りました。

2016年の12月から2017年の8月まで毎日3時間は最低でも勉強しました。

そして合否がでるのが11月。

約1年間。資格取得の波に空白が出来てしまいました。

 

結構、苦痛なんですよね。コレ。

 

勉強は甘美なご褒美なんです。

勉強して知識が付くと

周りから「よく知ってますね!」という虚栄心を満たす言葉、

耳障りのいい言葉が聞けるようになります。

 

でも、同時に罠なんですよ。

結果が全てなので最悪、何も残らない。

 

アラサーが手をつけやすいのがこの、資格取得の勉強。

 

転職というキャリアアップの一つの考え方

結婚したり、子供が産まれたりしての転職ってあると思います。

 

「生活が変わってしまうのでどうしてもお金がいる。

でもこのままこの会社にいても行き先が不安だし・・・」

 

僕も妻の妊娠を期に転職しました。

今の職場に転職して、2年もせずに課長に昇進。

上司は60歳を超えているので、虎視眈々とその座を狙っていますが

僕とその上司は非常に不仲なのでどうかなぁと思ったり。

 

資格をとるよりも、履歴書や職務経歴書のブラッシュアップのほうが

費用対効果としては高いかも知れません。

もちろん、現職にばれないように水面下で動き続けるということは必要で

転職するにもそれなりのキャリアが必要になってきます。

 

惰性で生きてきたのであれば

ちゃんと自分のスキルの棚卸しをしないとなりません。

 

でないと、水に流される笹舟みたいにあっという間に

奔流に押し流されてしまいます。

 

ビジネスをはじめるという選択肢

そして3段階目。

ビジネスをはじめるという選択肢。

http://directlink.jp/tracking/af/1501024/5Fwhitbr/

 

ここまでくる人はほとんどいないと思います。

資格をとるか、転職するか。の2強。

 

僕の最初のキッカケは小さいものでした。

怪しいなぁと思っていたダイレクト出版から本をもらって読んで。

感化されたといえばそれまでですが。

http://itachime.com/%E8%AA%AD%E6%9B%B8%E6%84%9F%E6%83%B3%E6%96%87/%E6%95%99%E9%A4%8A%E3%81%AE%E6%9C%AC/post-2970/

 

2冊ほど書籍をもらい、オーディオコーチも購入しました。

するとどうなるかと言えば

「起業できそうな気がしてくる」んですよ。

 

今の会社員として在籍しつつ、自分のビジネスを立ち上げる。

やりたくないことをやって、時間を浪費するのではなく

やりたいことをやって、時間とお金から自由になる。という未来。

 

毎朝、暗い時間に家を出て、暗い時間に帰ってくる。

起きている時間の半分を、会社で過ごすけど、仕事が好きじゃない。

 

だって、もっと妻や子供と一緒に過ごしたいから。

そんな人こそビジネスを始めるべきだと思います。

 

キツイけど、人生に光が見えてくる働き方

給料やボーナス、毎月の預金残高を気にしない人は

関係ないの話しですが。

気になる人にオススメしたいのが週末だけ起業するという生き方。

 

もちろん、サラリーマンとして働き続けているので

収入の面は全くのゼロにはならないから安心。

やるやらないの自由も、気持ちひとつ。

 

少しだけ僕の話し。

僕は役職が付いてから給料がうんと下がりました。

仕事の責任は大きくなった反面、部下よりも安い給料で働いています。

 

子供を幼稚園に。なんて時期でもあるから稼がなきゃならない。

そうすれば必然的に、転職するかなー。なんて事も考え出して。

 

転職サイトに登録したものの、資格の勉強もしていたことで面倒になり放置。

でも、現実は待ってくれないので焦りが出てきた。

 

早く給料あげなきゃ → 転職するか → その為に資格の勉強しなきゃ

→ でも時間はそこまで残っていない → 早く給料あげなきゃ

 

まるでモンハン。

鬼神斬破刀を作るためにフルフルを倒さなきゃ!

効率を上げるために、リオレウスを潰して火属性の刀を作らなきゃ!

効率を上げるために、ガノトトスを潰して水属性の刀を作らなきゃ!

効率を上げるために、フルフルを潰し・・・・あれ!?

 

このぐるぐるしたループを抜け出すためには

別の稼ぎ方を見出すことが必要なんですよ。

 

切羽つまって、苦しい思いをしてストレスをためるまえに

動きはじめるというのは本当に大事なことですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事