「マンガでよくわかる自分を操る超集中力」を読んだ感想というかレビュー

教養の本

 

いたちめです。

 

人間の集中力って金魚よりも短いそうですよ?

2015年のマイクロソフト社のレポートで

現代人の集中力がもつのは、たった8秒。

らしいです。

対して金魚は9秒。uh-oh!!

 

書籍かマンガか?

メンタリストとして有名なDaiGo氏の著書「自分を操る超集中力」

2016年に発刊されているので2年越しで購入。

しかし、マンガの方。

 

書籍を買わなかった理由ですが、そこまで期待していなかった。

というのが大きな理由で、書籍を読むのにあまり時間を割きたくなかった。

なので隙間時間にパラパラ読めるマンガにしました。

 

じっくり腰を据えて読むなら書籍

 

隙間時間でパラパラ読むならマンガ

 

でいいんじゃないでしょうか?

 

マンガの感想をざっくりと

会社勤めをしながらマンガデビューを目指す主人公。

その主人公のあこがれの漫画家が、参考にあげるといって手渡したのが

書籍「自分を操る超集中力」

 

で、主人公のめぐみさん。

第3章の「疲れをリセットする3つの回復法」で

随分とまぁ、イライラさせてくれます。

 

「大輔にはわかんないよ!いいよね!大輔は暇で!!」

 

虚栄心からか?断りきれなくて、仕事を安請け合い。

お前の自業自得やん?なのに、友人に八つ当たりして傷付けて

「もうダメだ・・・」て涙する。

 

なんだコイツ。って感じですが、居ますねー。

このタイプ。一番嫌いなタイプです。

 

忙しいのも、焦ってるのも自分で選択したこと。

集中力以前のお話だと思います。

 

エッセンスとしての超集中力

超集中力を、コレ以上ないってくらいに要約すると

「脳に無駄な負荷をかけない」ということに限ります。

 

脳が集中したいこと以外のことに、

無駄な反応をしてしまわないようにする。

 

それが食事、環境、選択。

 

脳を癒すために始めた「瞑想」ですが

この漫画にもオススメとしてコラムが書かれていました。

 

あと全然関係ないかも知れませんが

僕はシナモンシュガーがいつも冷蔵庫に保管されているくらいに

シナモンがめちゃくちゃ好きです。

 

脳の認識機能と記憶力が高められることができるとされています。

らしいです。

 

書籍が1,400円。漫画で1,300円。

どちらも金額が変わらないので、お好きな方を選んでみてください。

コメント