痛ギターと共に語る僕の音楽シーン。ほぼ黒歴史。
2009/04/29 02:24

いたちめです。

 

引越しの際は、ギターケースに入れたのですが

それがダメくさい。

ここ数ヶ月一回も触ってない。

というか、多分これからも暫く触る機会を見失った

そんな気がします。

 

画像は引越し前のものです☆

 

 

 

作った当時に痛ギターという概念があったのかどうか

僕がB.C.Richのモッキンバードのギターを手に入れたのが

2008年8月31日。

 

 

まだ、この頃の僕は「初音ミク」より「こなた」派でした。

 

有名なイラストをカラー印刷してバランスを確認

2008/09/06 22:46

2008/09/06 22:46

 

今、見てもいい塩梅ですね。

 

あとは、ステッカー用紙に印刷して、ギターに貼り付けるだけ☆

 

2009/04/28 22:35

2009/04/28 22:35

 

なお、当時スタジオに呼んでくれていた司法書士の先生から

「あんたのそのギター可愛いねぇ」

とお褒めの言葉を頂きました。

 

 

スポンサーリンク

痛ギターのクセに、多少は上手だったというどうでもいい事実

 

高校一年生になってからエレキギターを始めました。

YAMAHAの音楽教室ですね。

中学のときに

アコースティックギターに触れる機会がありましたが

まさかエレキギターをするなんて思いもしませんでした。

 

歳食って再開したとき

大槻ケンヂ氏著の「新興宗教オモイデ教」に出てくる

「中間」が格好良くて、

「スターリン」の「遠藤ミチロウ」

「INU」の「町田町蔵」

この2名からパンクとノイズにダダはまり。

 

件の司法書士先生のバンド練習に遊びに行き

あろうことに

極上のノイズ

作中と同じく「smoking in the water」をかき鳴らしました。

https://www.youtube.com/watch?v=zUwEIt9ez7M

 

先生のバンドメンバーの皆さんは

 

アホな孫を見る優しいまなざしで僕を見ていました。

 

途中からノイズギターの僕に合わせてくれるという高スキル。

 

リフバッキングだけは上手いサイドギターとしてV系バンドを組んだ。ただし痛ギター

 

遊戯王カードで遊んでいた頃。

遊戯王 → カラオケ の流れが鉄板で、

友人の歌う「仮面ライダーブラックRX」の歌声が本当に格好良くて

バンドに誘いました。

当時はまだ、はやっていたミクシィで

メンバーも適当に集め

セッション前にバンドスコア渡すよといったのに

「当日でいいよ」で渡したら

 

時間の無駄になるという。

 

で、そのメンバーの中からリードギターの子と僕。

遊戯王の友人でV系バンドを組むことになりました。

 

 

はい。痛ギター、こなたvarですね。

 

しかし、このV系バンド。

メンバーが自己中ばかり口ばっかり

 

活動前に空中分解するという快挙

 

それ以来、僕はもうバンドを組んでいません。

 

リフだけは上手いのには理由がある

思い返せば高校生の文化祭で

俺すげぇ!と、勘違いしきったクラスメイトが勝手に決めた

演りたくもないスカした曲を演奏することになりました。

 

好きでもないので当然、うまくなるわけでもなく。

本番、僕はエフェクターからジェットサウンドを召還。

 

 

固まる会場。

 

固まるステージ。

 

だって、僕のギターからアンプに繋がる途中の

エフェクターが

すべてを飲み込むジェットサウンドを吐き出したから。

 

これで僕は翌年から、バンドメンバーからはぶられました

そして僕とバンドを組むという奇特な人もおらず、

大学生になるまでの間、ずっと一人でギターを弾いていました。

 

ギターソロをコピーしたって面白くないので

基本的にバッキング。リズムパート。

ヘッドフォンをすると僕もそのメンバーになれた気がする

 

という、すげー因果応報な理由で

僕はバッキングだけはそこそこ上手くなりました。

 

ほんの数年前に完成形を迎えた僕の痛ギター

DTMを始めた頃、だいたい2009年くらいに

僕の痛モッキンバードも完成形を迎えました。

 

めちゃくちゃ好きだった「恋は戦争」という曲の

メガフォンを構えたミクさんを貼り付けました。

カッティングがクソ面倒臭かったのを覚えています。

 

2009/04/29 02:24

2009/04/29 02:24

 

ざっくり弾いてみるとこんな感じ。

 

 

 

この後に今度はメタル一色になるわけです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事