断捨離するときに「これは売れるかもしれない」って考えたときの対処方法

いたちめです。

 

新生活が始まる4月です。

引越しが済んだ人も、転勤を言い渡された人も含めて

これから部屋を片付ける人に立ちふさがる壁の対処方法をお伝えします。

 

 

断捨離を阻止しようとする敵の正体は・・・

断捨離するときって、ただ単にものを捨ててしまえばいい。

ってワケじゃないんですよね。

 

断捨離の定義って

入ってくるものを断って

要らないものを捨てて

物に対する執着心から離れる。

 

つまり。断捨離の敵は「感情」なんです。

「もったいない」っていう感情。

 

スポンサーリンク

「もったいない」と思ってしまう1つの答えと3つの理由

なんで、使わないで何年も置いたままのものを

「もったいない」って思うのか、気になりますよね。

 

簡単な答えです。

 

「もったいない」 = 「損をしたくない

 

ってことなんですよ。

 

① せっかく買った(もらった)から、使わないと!

② いつかこれ使うかもしれないし!

③ 捨てるなら売ったほうがお金になるし!

 

この3つのどれかに当てはまります。

 

使うことはないし。売りにいくこともない。

だって、執着しているだけで

必要なものじゃないから使わないんですよ。

 

損をしたくないと思いながら「損をしている」ことに気が付くこと

捨てられないものの代表として洋服があります。

何年も着ていないのに

「いつか着るから」とクローゼットの肥やし。

 

それ、ブランド物ですか?

はやりすたりがあって、着ようとしたときは

流行おくれ、型が古いなんてことで着ることはないと思います。

きっと、そのときに見つけためぼしい服を買うんじゃないかな?

 

なので捨てましょう。

でも捨てられないんですよ。「もったいない」ってなるから。

損をしたくないから。

 

損をしたくないからと保管しておくことの、メリットはありません。

FXでもありますが、損切りですね。

 

早めに損となるものは切っておくことが

利益を確保することになります。

 

でも、この洋服20,000円もしたけど、1回しか着てないし。

じゃあ、売っちゃいましょう。

 

ゴミとしてだせば0円。

100円でも売れてしまえば、お金が残ります。

 

そして、ちゃんと売り抜くためにはコツがいります。

 

知ってる人はやってる、できるだけ高値で売れるコツ

そんな大掛かりなことではないんですが

「見た目が綺麗」

「部品が全部、揃ってる」

など、色々言われるのですが

 

自分が買うとき「これはないな」ってならないこと。

 

たったこれだけです。

 

これ欲しいブランド物で安いけど、型が古くてダサいよね?

ってものを買いますか?買いませんよね。

 

なので、「これは売るんだ!」ってものは早い方がいいんです。

時期的な要素ですね。

 

 

これ欲しいブランド物で安いけど、恥ずかしいくらいボロボロだよね?

なんだか臭いよね?

ってものはどうですか?同じく買いませんよね。

 

なので、「いつか着るんだ!」ってものは痛んだりする前がいいんです。

質的な要素ですね。

 

 

断捨離して売るなら早く。面倒なら業者に来てもらう

売るなら早く売りにいく。

 

今日は片付けで疲れたし、来週、売りに行くか!

 

って思ったら、その来週はいつまでたっても来ません。

そのままの状態で何ヶ月か何年か放置されます。

要は、ごみの場所が移動しただけ。

断捨離で使った時間は、ごみが部屋の中を移動した時間。

 

掃除って疲れるんですよ。

なので、面倒なら業者さんに引き取りに着てもらうのがベスト。

 

 

でも。せっかくなら1円でも高いところに売りたい!

って思ってしまうのが心情。

損をしたくない一心で、そう思ってしまうのもわかります。

 

そこでもう一段階面倒くさいことがあって

身分証の呈示だったり、画像で送信したり。

なんてことが必要になってきます。

 

断捨離して売る!と決めてすぐ動ける人は、極少数でしょうね。

でそこに身分証の送信とかになってきたら

どうでもよくなってきませんか?

 

もういいや。ゴミ溜めみたいな部屋でいいよ、もう。

って思ったのなら朗報。

リコマースなら、AMAZONのアカウントでOK!



超楽ですよね。

 

簡単3ステップで断捨離したものを売ろう!

AMAZONが嫌いだったり、利用しない!って人じゃなければ

IDを持ってるかと思います。

 

① AMAZONのIDでログイン

② 手持ちの段ボールか依頼して段ボールを送ってもらい準備完了

断捨離タイム

③ 配送業者さんに連絡して引き取り

 

おわりです。

 

Amazonアカウントで利用できる【リコマース宅配買取サービス】

 

断捨離したものを売ってリターンがあると次回に繋がる

バンバン、要らないものを段ボールにつめて

売る。

断捨離は終わって部屋は片付くし、お金はもらえる。

 

これって意外にプラスな方向に向かうんですよ。

だって、いつか着るかもって着なかったものが

お金になって帰ってくる。

クロゼットも広くなってる!

 

この体験を一度味わうと

断捨離が進み始めます。

いつか○○よりも、お金にして欲しいものを買おう!

という前向きの思考にもつながります。

 

断捨離して、快適な生活を手に入れましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事