ディズニー英語システムの追加教材「ZIPPY AND ME」を買ってみたのでレビューしてみる

 

いたちめです。

 

昨年の2016年11月からディズニー英語システムを使い始め

1年が経過しました。

前回のDVDとは別に、新たな英語教材を追加購入。

 

 

ワールド・ファミリー株式会社の広告DVDがキッカケ

僕がディズニー英語システムを購入したときに感じたことは

子供が英語で不自由しないので80万なら安いだろ。

営業さんも押し売りされる様な方ではなくて、

ディズニー英語システムの紹介して終わろうとする方でした。

http://itachime.com/2016/10/post-1393/

 

ワールド・ファミリー株式会社の営業方針なのかも知れませんが

押し売りはしません。買ってくださいといわれたこともありません。

しかし、他教材の販促として一部紹介のあるオマケのDVDが送付されてきます。

 

それを見ている子供が、少しずつ食いついていくわけですよ。

 

そうなると英語が全くダメな僕としては思うわけです。

 

買うしかねぇだろ。と。

 

スポンサーリンク

ディズニー英語システムのサンプルは実はかなり使える

ディズニー英語システムのサンプルを取り寄せたときにもらった

お風呂用のポスター。

お風呂のたびにこのポスターで、指差ししながら遊んでいたのですが

そこに、販促用のオマケDVD、「ABC’S」というのがあるのですが

それで子供がアルファベットを覚え始めました。

 

ABCの文字と発音を同時に。

ひらがなより早く覚えてしまいました。

 

もちろん、日本語も発音できますが

ひらがなと発音が一致していません。

 

で、サンプルにはワールド・ファミリーのオリジナルキャラが出てきます。

ZIPPYとその友達。

それが気に入ったらしく、かなりの期間ヘビーローテーションしていたそうです。



「ZIPPY AND ME」の開封の儀

届いた段ボールを開けると、ZIPPYのパズル

 

ディズニー英語システムと同じ箱の中には、DVDとCD

フロッギーとバーニーのパペットとキャップ

 

こんな感じで実にコンパクトに収まっています。

 

 

「ZIPPY AND ME」のレビュー

子供たちがZIPPYの家を見つけて、一緒に遊ぶ。という内容になっていますが

PLAY ALONGのキャラクター、フロッギーとバーニーも出てきます。

 

このZIPPY AND ME は、PLAY LONGとSING ALONGの中間の教材と紹介されていました。

僕の子供はストリートプレイを見て、ケラケラ笑っていたりするので

ちょっと幼稚かも知れない。なんて思って敬遠していた部分もありましたが

何のことはない。めちゃヘビロテしています。

 

個人的に、フロッギーとバーニーがPLAY ALONGより喋りまくっているのがいい。

感嘆詞や日常会話など、食べたり飲んだりドライブしたり。

なにげにCUP SONGに出ていた子供も少し成長して出演していました。

なんだか感慨深いものを感じます。

 

突然ですが、僕の家には時計がありません。

腕時計はありますが、筆箱の中にあり。「壁掛け時計」や「置時計」はありません。

妻の実家に遊びに行くとき以外に「時計」に触れ「時間」の概念を知る術がなかったので

時計のおもちゃは非常に助かりました。

なので、子供本人もめちゃくちゃ興味津々で針をくるくる回して遊んでいました。

 

来年までには、EVERYDAY ZIPPYも追加したいなぁと考えていますが

先日あげた、JUMP!BOUNCE!DANCE!のDVD

http://itachime.com/2017/11/post-2767/

が忘れ去られているので、ちょっと悩みところです。

 

なお、僕の子供はフロッギーよりもバーニーの方が好きになっているみたいです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事