大宰府天満宮ではなく、だざいふ遊園地に行ってきた

 

いたちめです。

梅が枝餅が大好きなので、大宰府にはよく行くのですが

今回の目的は太宰府天満宮ではなく、だざいふ幼稚園。

参拝ついでに足を運んでみるのもいいかも知れませんね。

 

だざいふ幼稚園の場所

GoogleMAPを見るとだざいふ幼稚園は、太宰府天満宮よりも北側

へぇ。じゃあ駐車場も場所が変わるのかな?なんて行き当たりばったりで向かうと

山の中にどんどん入っていくハメになりました。

で、だざいふ遊園地は太宰府天満宮の敷地内。

なので、大宰府天満宮に参拝して特に予定がなければ

子供たちがめちゃくちゃ遊んでくれて、帰りの車では熟睡していただける寸法。

 

スポンサーリンク

太宰府天満宮の参道は子連れに厳しい

人が歩くと流れというものが出てきますが

ここ最近の大宰府天満宮の参道は人に厳しい。

 

押し寄せてくる人波をかき分けて進むので、ベビーカーは苦労します。

子供の年齢にもよりますが、ベビーカーはバギータイプがおすすめ。

石畳や砂地でも、ある程度だとぐんぐん進みます。

 


 

だざいふ遊園地へ行こう

境内に入って、菖蒲池の方へと参拝ルートから外れると少し人が減ります。

だざいふ遊園地は、菖蒲池方面から向かうので、必然的に人の少ない方へ向かうことになります。

そして遠くにみえる遊園地の入場ゲート。

 

近づくとわかるレトロ感。

小さな子供連れには、十分な遊園地

変に絶叫系があったりするわけではないので

小さな子供には嬉しい感じの遊園地です。

ただし、坂がはんぱない。

 

トーマス&フレンズで、自由に動くやつ

行く先は自由で、混雑具合によってはゴッツンするかもしれませんが

ここなら、安心!

道の広いゴーカート

4歳(年少さん)でしたが、しっかり1周してめちゃくちゃええ笑顔に。

車好きな子供なら、やりたいゴーカート。

 

子供にとってはスリル満点のウォータースライダー

僕が行ったときは、一番人気で一番、キッズたちが並んでいました。

ある程度の高低差があるウォータースライダー。

二人乗りなので、後ろは僕が座っています。

 

 

ライド系のコインゲーム

あとは複数種類のあるライド系のコインゲーム。

乗り物が厳しい年齢の子供でも楽しめます。

まとめ

どこから太宰府天満宮まで行くか?はわかりませんが

子供はムチャクチャ退屈なんだろうなって思っています。

そこそこの時間を車で揺られて。

降りたら人混みの中、怒られながら歩いたり、ベビーカーに載せられたり。

着いたらお参りしてUターン。

 

お参りして、遊園地で少し遊んで。

梅が枝餅を食べて、満足の中、車の揺れでお休みの時間。

 

こっちの方がいい思い出になりますよね。


スポンサーリンク
おすすめの記事