いたちめです。

 

九州一周ツーリングの歴史を残しておくことで

ドラッグスタークラシック400と過ごした旅が

どこかの誰かの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

九州を時計回りで進むか反時計周りで進むかが問題

僕は反時計周りを選びました。

 

クソ田舎 → 福岡 → 佐賀 → 長崎 → 熊本

 

→ 鹿児島 → 宮崎 → 大分 → クソ田舎

 

という流れ。

 

福岡県のクソ田舎に住んでいたので

福岡のとりあえず、ここだけは行っておこうと

決めたところがありました。

 

それが

 

能古島アイランドパーク。

 

コスモスが咲き誇る島。

 

 

スポンサーリンク

能古島アイランドパーク

僕の住む田舎を出発したのが11時。

フェリーの発着場である姪浜についたのが14時

といってもほぼ15時。

運行は一時間に1本のペース。

平成24年当時の運賃

大人一人220円

バイク750cc未満360円。

運賃は博多港で調べてくださいね。

http://port-of-hakata.city.fukuoka.lg.jp/guide/ferry_city/kohro_3.html

 

ドラッグスターとの初フェリー。

 

散策地図はもらったけど、

能古島アイランドパークでコスモスを見る

それだけだったので

参考程度。

重装備なのは僕一人。

あとはカップルがチラホラと

園内は閑散とした雰囲気。

 

平日だったから。

 

寂寥感で吐きそうになりつつ

能古島を後にして

目指すは最初のキャンプ地。

おいでな菜園へ。

http://web.people-i.ne.jp/~camp7yama/

 

初キャンプにして夜設営というハードモード

能古島アイランドパークを後にして

キャンプ場を目指すのですが

ぶっちゃけ、目印がほとんどなく迷子。

 

キャンプ場の方に連絡して

どこにいるか目印になるものを説明しても

どこにいるかわからない。

 

頼りのスマホも過充電かなんかで起動した瞬間

電源オフになるという始末。

 

 

ただ、あの満天の星空は今も

記憶に残っています。

明かりがほとんどなく、

カメラではその姿を写すことが出来ず

 

ただ、初冬の孤独を

 

更に際立たせる星空。

 

その中でテントの設営を行い

ラーメンを食べてコーヒーを飲み就寝。

 

クソ寒い空の下で飲むコーヒーはうまいか?

うまいに決まってるだろ。

 

夜、気が付かなかったオブジェ

 

佐賀県のざっくり観光からの長崎県小浜温泉へ

早朝、テントを撤収し早々に出発。

 

虹の松原を抜け、

道の駅伊万里へ向かい

武雄温泉へ。

殿様の湯に入ったことがありますが

いいお風呂ですね。

 

武雄温泉を後にしてのんびり走っていると

滝の姿がチラッと見えたので立ち寄り。

 

轟の滝だそうです。

 

不動山をググらないと、どこかわかりません。

記憶しているのは、武雄温泉から長崎市へ向かう道のどこか

ってことです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事