Z4のヘッドライトカバーを磨こう

 

こんにちは。いたちめです。

 

BMWのZ4が納車されてしばらく経つと

一つきになることがでてきました。

それは、ヘッドライトの曇り。

簡単に手間をかけずに、サクっと綺麗にしたいと思います。

 

手間をかけるヘッドライトの磨き方

手間暇かけて、ヘッドライトを綺麗にするには

ペーパーで磨いてからウレタンのクリアでスプレーするやりかたですね。

 

だいたい、400番、600番くらいの耐水ペーパーで磨いて

ザラザラとした状態のときにウレタンのクリアを吹いてあげます。

紙やすりでザラザラしているので、ウレタンがしっかり食い込んでくれます。

ガンプラとおなじですね。

この場合、ヘッドライトを外すか、

ヘッドライトの周りを養生してあげるべきですね。

スポンサーリンク

手間をかけないヘッドライトの磨き方

僕は子供と遊びながら、やる。

という条件がありますので、どれだけ簡単に、そして綺麗にできるか?

というのがポイントになります。

 

なので、簡単に「磨き」と「保護」がセットになったものをチョイス。

 

量販店で物色しているとみつけたものが、こちら。

WILLSONのヘッドライトクリアmini

裏面をみると

この2種類のUVカット成分を配合!というところに惹かれました。

磨いただけで、それが長持ちするならめちゃ楽やん?

箱横面の注意事項もご使用前に必ずお読みください。と。

ヘッドライトを超簡単にピカピカに仕上げる

箱横の注意事項を読んで

ちゃんと綺麗にして、磨いてね。と大雑把に把握。

 

まずは、水洗い。

大槻ケンヂ風にいうなら

「腐ったナマズのような目」みたいになってますね。

 

それを説明書通り、磨く布を四角いスポンジみたいなものに巻いて磨く。

白い汁がでなくなるまで磨く。

終わったら、水で流す。

2つのヘッドライトを綺麗にするのにかかった時間は10分もかからず。

 

水で洗い流すと、ピカピカのヘッドライトがこんにちは。

結構、雑に磨いても綺麗になりました。

 

ヘッドライトを綺麗に磨くことで得られる効果

ヘッドライトがピカピカになることで得られる効果が

2つほどあります。

 

一つ目は、綺麗になったウキウキ感。これはプライスレス。

もう一つは、ヘッドライトを点けたときに、明るさが増す。

これは綺麗になれば確かに明るくなるよね。って思いますが

磨く前は、綺麗になればいいや。くらいしかありませんでしたので。

 

ゴリゴリにやるのもいいですが、簡単にやるのもいいですよ。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事