BMWのZ4の鉄粉を取って、手触りをよくしよう

 

こんにちは。いたちめです。

Z4が納車されてからぼちぼちの頻度で洗車していたのですが、どうもつるつるしない。

検索してみると鉄粉が原因らしい。

 

Z4に限らず、車をほどよくいい感じにしたい。

しかし。できるだけお金はかけずに、労力も少な目で。

という、わがままをかなえる車体をつるつるにする方法です。

 

鉄粉という楔(くさび)

ブレーキダスト。

ブレーキをかけたときに発生する金属粉。これが鉄粉の主な原因。

らしい。

ということは、できるだけ鉄粉を発生させないためにはブレーキを使用しない

なんというアンチテーゼ

 

鉄粉が楔のように車体に刺さり、錆ていくことで車体表面のつるつる感が損なわれていきます。

これは自走しなくても、舞い散る鉄粉がささるから同じやで?らしいです。

 

スポンサーリンク

鉄粉粘土は修行

まず、僕が手に取ったのは比較的安価な「鉄粉粘土」



最初は、お、すげー。これが鉄粉か。よく取れる。

なんてことを思いながら、鉄粉粘土を楽しめるのですが。

苦行に変わります。

 

鉄粉粘土で粘土に巻き込む範囲は狭い。本当に狭い。

そして、粘土に巻き込んだ鉄粉で車体を傷つけないように、粘土をこねながら。

苦行です。修行と書きましたが苦行です。苦行。

 

比較的車体の小さなZ4ですが

両側面を終わるころには、腕と粘土をこねる手が辛くなってきました。

 

2回ほどやりましたが、正直もうやりたくありません。

1回目終わったあとは、右腕の筋肉痛がひどくてしばらく苦しんだくらいです。

 

 

慣れた人や、それでも鉄粉粘土派は、鉄粉粘土を使えばいいと思います。

 

 

鉄粉除去スプレー

鉄粉粘土による筋肉痛で苦しんだ僕は、しばらく鉄粉は放置する姿勢を貫いていました。

しかし

どうしてもドア下部の斑点のようにみえる鉄粉の見た目が気持ち悪い。

見栄えよりも、ぶつぶつ感がなんともいえず気持ち悪い。

 

そして選んだのが、鉄粉除去スプレー。

 

 一応、裏面の注意書きもチェック。

 

ブシュっとかけるのですが、スプレーが重たい。

なんだこれ?もっと軽くしてもよくね?

なんてことを思いながら、Z4の両側面とホイールにふりかける。

 

ニオイがきつい。というレビューを見ていたのですが、匂いのイメージは

染髪用のにおい。

って感じです。美容院に通っている人なら過剰反応しないレベル。

臭いって思う人は、髪を染めたり脱色したことのない人で理容室に通ってる人だと推測します。

 

 

で、待つこと数分。

透明だった液体が、紫色に!

え?なにこれすごい!

水で流して、安いカーシャンプーで洗い流して終了。

 

もちろん、ツルツル。

 

 

え?まだ鉄粉粘土使ってるの?

僕はシュっとやって、ツルツルボディですわ!

 

時短よりも、鉄粉粘土を使ったあとの疲れ具合で判断すべきですね。

鉄粉粘土を使った後は、「腕があがらないくらい疲れる」

それは2歳半の子供を半日、抱っこし続けた後の腕の疲れに似ています。

 

つまり、そのあとは何もしたくない状態。になります。

 

まとめ

鉄粉粘土はやめとけ。マジで。

おっさんになればなるほど、業者>スプレー>粘土になります。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事