いたちめです。

小さい頃、祖父の家にはみかんの樹が植えられており

みかんは「買うもの」ではなく「樹になっているもの」でした。

 

いまだに「みかん」を買うことに戸惑いを感じてる中、

子供にも樹になっているみかんを切って、その場で食べる。

という体験をさせてあげたかったわけです。

 

山口県下関市豊浦町の久山園

みかん狩りで調べたところ、下関にあることがわかりました。

久山園(ひさやまえん)です。

 

この豊浦観光協会のサイトに入園料の記載がありますが、入園料が変わっています。

中学生以上:420円

小学生:320円

幼児:120円

三歳以下は無料

園内は食べ放題、持ち帰りは時価は変わっていません。

そして嬉しいことに駐車場代はかかりません。

スポンサーリンク

ナビを設定するときに気を付けろ!

豊浦観光協会のサイトに表示される久山園は、

農園ではなく、事務所。です(2019年11月現在)

 

大事なことなので、もういちど書きます。

豊浦観光協会のサイトに表示される久山園は、

農園ではなく、事務所です(2019年11月現在)

 

正しい場所は、こっち。

191号線ではなく40号線側から行くとわかりやすい。

ただ、入っていく小道に、表示がないのでめちゃくちゃ不安になります。

 

入園料を払って中に入ると、まず登る

小高い丘になっているので、丘の上を目指してどんどん歩く。

右手は草ソリができるので、とんでもないことになります。

 

剪定はさみを片手にみかん狩り

なるべく、黄色になったものを。と伝えるのですが

簡単に切れるところって、あまり残っていなんですよ。

大体、まだ緑色が残ったみかん。

 

僕がレモンを齧って食べられるくらい柑橘類は好きなので

気にならないのですが、酸っぱいのが苦手な人は品種で狙うことをおススメ。

おススメは「せとか」「はるか」「清見」ですかね。

 

草ソリ代で小銭が湯水のように消える

久山園。

みかん狩りだけではなく、草ソリができるのですが

これがヤバい。

ある程度、みかんを切り落として、食べたら満足するのが子供。

草ソリをめざとく見つけているので「やりたい」という駄々こねが始まるわけです。

 

なお、草ソリはソリがレンタルとなります。

持ち込みなら、無料なのかな?と思っていたら

持ち込みの場合は同じ料金で「持ち込み料」となりましまた。

 

草ソリの注意事項

かなり無法地帯になっています。

 

その場からいつでも我が子が滑られるようにする、不動で場所取りする親。

草ソリに立って滑って、他の子供にぶつかりそうになる中学生くらいの子。

全員がそうではないのですが、ほんの一つまみのマナーとモラルのない年長者が

我が物顔しているのは真実です。

 

まとめ

みかん狩りだけではなく、草ソリで遊んでもらうことで

帰りの車内は寝息に包まれての帰宅となります。

 

結構動くので、季節にもよりますが着替えが容易なものと

羽織るものをセットにしておくのがいいですね。


スポンサーリンク
おすすめの記事