唐突に物語が終わりを告げる不思議な絵本「もりのなか」

 

いたちめです。

 

こひつじ文庫のぺんぎんコース。

2019年6月は、ぺんぎんコース初の翻訳本。

マリー・ホール・エッツ作・イラスト。翻訳は、まさきるりこ。

発行は、絵本といえば位に有名な福音館書店

あらすじ未満の絵本の内容

子供が森の中でラッパをもって散歩をしています。

散歩の途中で出会った動物たち。

少年の吹くラッパに誘われて、行列を作りながら散歩を続けます。

途中で、誰かのピクニックのあとを見つけてお菓子を食べたり。

 

そして、みんなで「かくれんぼ」を始めます。

子供が鬼になると、さっきまでいた動物たちは煙のように消えてしまう。

その代わりに現れたのは、子供の父親。

子供を連れて帰りました。

 

スポンサーリンク

「もりのなか」の感想

表紙のイラストが版画っぽくて、なんだか「おどろおどろしい感じ」があって

教訓めいた内容なのかな?といった感じで、読み始めたのですが

子供を先頭に、動物たちが子供のラッパに合わせて演奏をするあたり

「イワンのバカ」と「ハーメルンの笛吹き」を思い出しました。

 

「イワンのばか」はトルストイよりも筋肉少女帯の方ですね。

イワンの奴めを先頭に いつしか子供の行列さ

 彼らは歩くよ真っすぐに  シベリヤ鉄道も真っすぐだ

筋肉少女帯 形式: CD

 

よくわからないけど、子供を先頭に森の散歩が続く。

誰が残したか?なんてことも言及されていないピクニックのあと。

そして、父親が迎えにくると、さっきまでいた動物たちがフっと消えてしまう。

 

子供特有の「空想」の敵や友達みたいなものなのかな?

父親が森の中に探しくるくらいに、頻繁に来ているということは

森の近くで住んでいて、同年代の友達や知り合いがいないのかな?

という疑問が残りました。

 

個人的には、肚落ちしない感じですが。

子供の「ごっこ遊び」が終わる瞬間のような描写は素晴らしいと思います。

マリー・ホール・エッツ (著, イラスト), まさき るりこ (翻訳)
スポンサーリンク
おすすめの記事