男女問わず、子供はみんな大好き「わたしのワンピース」

 

いたちめです。

 

こひじつ文庫のぺんぎんコース。

2019年5月はにしやまきかやこさんの「わたしのワンピース」

出版社は、こぐま社

 

あらすじ未満の絵本の内容

空から真っ白な布が落ちてきて

ミシンでカタカタ。縫ってワンピースを作る。

 

歩いていくと、真っ白なワンピースに雨や麦、鳥や虹といったものが

模様として入ってしまう。

 

鳥がら模様のワンピースになって、空を飛び、夕焼け模様になる。

眠くなって星空模様のワンピースになって・・・

 

スポンサーリンク

「わたしのワンピース」の感想

うさぎが空を飛び、寝てしまい空色模様のワンピースになって目が覚める。

という一連が、夕焼けから夜空に移り変わる姿が非常に「焦燥感」のようなものを覚える。

 

というのも。

物語の初めは「ミシンカタカタ」とか「ララララン・ロロロロン」といった

不思議なフレーズが多用されているのに、空に浮いてからラストのうさぎが去っていくまで

言葉がなくなる。

夢の中にいるような雰囲気。

 

花の色、緑の色。雨の色、と、とにかく色が綺麗なのも特徴。

上の子よりも、下の子が気に入って日に何度も読まされています。

 

 

 

絵本バックなどを、この「わたしのワンピース」の柄の生地で作ろうか?と

妻が言っているくらい、子供はこの本を気に入っています。

ちなみにぬいぐるみもあるみたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事