「インターネットビジネスマニフェスト完全版」を無料でもらった

いたちめです。

 

ダイレクト出版から書籍を無料でもらいました。

「インターネットビジネスマニフェスト完全版」という書籍です。

 

 

ぶっちゃけ、文章は読みにくい。

日本語訳をしているのは、中谷佳正氏。

Web制作会社 有限会社WINKSの代表。

独自の手法で売上を上げるホームページを作る方法を確立し、いままで630社以上のWeb制作、運営に関わる。

現在は、Web制作会社の経営と、同業社向けに売れるホームページを作るための中谷塾を運営、人気を博している。

リッチ・シェフレンのナビゲーターでもある。

引用:The_Response ザ・レスポンス 中谷佳正プロフィール

https://www.theresponse.jp/blog_auth/nakatani/

 

中谷氏の日本語訳なのか?

それともこのインターネットビジネスマニフェストを書いた

リッチ・シェフレン氏の言い回しなのか?

文章としては、非常に読みにくい。

 

個人的には、後者。

その理由もちゃんとあります。

 

スポンサーリンク

役に立つ?立たない?と聞かれたら?

例えば僕。

この趣味のブログで、不労所得になるまで作り上げようと一時期

考えていましたが、正直面倒くさくなってしまいました。

 

もっと早い段階で、ブログだったりWEB上の資産形成を考えるのであれば

始める前に読んだ方がいい。

 

なので、役に立つといいたい。

 

読まなければ、その理由も分からないと思うので

是非読んでもらいたいと思います。

タダ、無料ですし。

ただし、送料のみ550円がかかります。

http://www.strategicprofits.jp/spim/index_mag0.php?AFF_DAC

 

怪しい?怪しくない?と聞かれたら・・・

怪しい会社だったら、

これほど沢山のレビューブログは出回っていないと思います。

 

もちろん、怪しい会社であれば

それはそれで、「クソが!」的なレビューブログが出回っているでしょうけど。

 

僕個人としては、意識高い人が好みそうな出版社

そして僕は、意識高い系なのでドップリはまりそうです。

 

無料のその後に何かあるんだろ?その答えは・・・

もちろん、あります。

ダイレクト出版が、無料で書籍を配る理由は

広告宣伝費。

 

本当に売りたい商品は

有料の講義だったり、会員制のクラブだったり。

 

僕も書籍を無料でもらって、そのまま放置するつもりでした。

多分、手に入れようとする人はそうだろうと思います。

 

 

ファウンダーズクラブに入会するメリット

ダイレクト出版には

ファウンダーズクラブというのがあり、僕は入会しました。

月額4,700円に消費税です。

http://www.strategicprofits.jp/spfc/price/

 

月額4,700円の価値があるのか?

 

インターネットビジネスマニフェストを読んだ方のうち

何人がこの月額会員制クラブに入会するかはわかりませんが、

ちゃんと読んでいれば入会してもおかしくない

代物だと思っています。

 

損得勘定でいえば、損はしない。

得するためには、入会しただけではなく

行動を伴いますが。

 

経営戦略、マーケティングをもう一度勉強したくなる

話を、インターネットビジネスマニフェストに戻すと

僕の大学のゼミ生だった頃の研究テーマは経営戦略。

 

特にマーケティングと絡めた経営戦略のゼミだったので

面白くて仕方がなかったのでレポートが全く苦にならなかった。

 

ボンクラなサラリーマンになって久しく

このブログについても、当初の志すら忘れる体たらく。

 

結構前に読んだ、WEBライティングの本も読み返して

ちゃんと面白い趣味ブログに切り返していこうと思います。

 

なので、今一度、経営戦略とマーケティングを勉強します。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事