売るプレゼン誰でも簡単に出来る12のステップ。の書評というかレビュー

 

いたちめです。

 

ダイレクト出版の新しい書籍。

「売るプレゼン」を読み終えたので、レビューなんぞをあげたいと思います。

 

先に伝えておきますが、僕はダイレクト出版よりもダン・ケネディが好きです。

 

 

何も言わず、約15秒の動画を見て欲しい

毎日、届くメルマガとセールスレターの中

ザ・レスポンスのメルマガから動画紹介があって、非常に興味深いものがありました。

 

それが、この売るプレゼンを紹介するための動画。

https://pages.theresponse.jp/speaking-empire/

 

どうでしょう?

ノーカットの早送り動画です。

たった15秒にこめられた圧倒的な説得力。

 

スポンサーリンク

SPEAKING EMPIRE(スピーキング・エンパイア)というプレゼン界の重鎮

プレゼンがスゴイ。といえば

アップル製品を使ったことがない僕でも

アップルのスティーブ・ジョブスを思い浮かべるくらいなので

一般的には、スティーブ・ジョブスだと思います。

 

そして、この「売るプレゼン」の著者は、

僕の好きなダン・ケネディ。

そして、SPEAKING EMPIREの創業者のうち、ダスティン・マシューズ。

寄稿として、同じくSPEAKING EMPIREのもう一人の創業者、デーブ・バンフース。

 

はじめに。を読んだ感想が、

会社名。格好いいな。

 

SPEAKING EMPIREという名前すら始めて耳にした程

プレゼンに関して、僕は恥ずかしながら始めて本を買ったレベルです。

 

http://www.speakingempire.com/

 

厚みは薄い。しかし内容は濃い。

はじめに。

読み飛ばし厳禁を読み。

動画でみた、あのプレゼンはどうやってやるのか?

 

目次に今一度、目を通し。

ワクワクしながら、読み進めると

出てきた公式(フォーミュラ)

 

12のステップで作られるプレゼン。

 

これか!とメモを取りながら、更に読む。

すると突然やってくる終わり。

 

え?本当にこれだけ?

たったこれだけでいいの?

 

前書きから後書きまで、たった218ページ

うん。確かにダイレクト出版の本の中では安価な1,980円の書籍。

厚みがほとんどない。

 

しかし。得られる果実は、非常に濃厚

 

監訳は、西埜巧祐(にしのこうすけ)さん。

彼がブログの中でも述べている通り、非常にシンプル。

しかし、戦略やテクニックは深い。

https://direct-connect.jp/ザ・レスポンス/西埜巧祐/すっごいおもろい本はコレだ!!-2691

 

 

訳注が非常に多いのがたまにキズ。ですが

 

まず、プレゼントはなんぞや?というマインドセット。

プレゼンのスキルに必要なもの。

プレゼンを成功させるために必要なこと。

そして、プレゼンにレバレッジをかける方法。

 

プレゼンに必要なんだろうな。

というものは全て網羅しています。

 

一つ、言えるなら「買い」です。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事